皮革の分析と検査

耐久性、色落ち・変退色、防水、化学的分析、カビに対する抵抗検査から革の判別・品質の保証まで、皮革に関する分析スペシャリストです。

もっと詳しく>>

コラーゲン定量分析

研究部門が長年培った経験・実績を活かし、食品やサプリメントなどに含まれる注目の成分"コラーゲン"を定量(数値化)いたします。

もっと詳しく>>

アミン規制

安全で環境にやさしいエコレザー
当研究所は認証検査全項目を承ります。

皮革工業処理排水や有害物質の
検査など、各種の分析を承ります。

学術トピックス

詳しくはこちらへ

  • 分析センター

    「Industrial Production of Chrome-Tanned Leather Without Formation of Hexavalent Chromium by treating with a Combined Inhibitor」
    KOKI OGATA, TOSHINORI INATSUGI, SHUNJI HATTORI, YOSHIKO KAGAWA, KEIJI YOSHIMURA and KOJI TAKAHASHI 第11回アジア国際皮革科学技術会議
    2018年10月16〜17日 中国 西安

    「コラーゲンマーカーペプチドを使ったLC-MSによる膠の由来動物種の同定」
     熊澤雄基, NPO日本皮革技術協会主催第61回皮革研究発表会:2018年1月19日

    「長期保存におけるクロム鞣革中の6価クロムの自動還元と抑制剤による生成抑制」
     大形公紀 NPO日本皮革技術協会主催61回皮革研究発表会:2018年1月19日 

    Y. Kumazawa, Y. Taga, M. Takashima and S. Hattori: A novel LC-MS method using collagen marker peptides for species identification of glue applicable to samples with multiple animal origins,
    Herit Sci (2018) 6:43

    K. Ogata, Y. Kumazawa, S. Hattori, K. Yoshimura, and K. Takahasi: Self-Conversion of Hexavalent Chromium Formed in Chrome-Tanned Leather during Long-term Storage and Perfect Inhibition with a Combination of Inhibitors,
    J.S.L.T.C.,2018,102,53-58.

  • マトリックス生体工学部門

    コラーゲンの栄養成分としての機能を研究しています。
    ◆論文要旨/Yoh-ichi Koyama and Masashi Kusubata. Effects of Collagen Peptide Ingestion on Blood Lipids in Rats Fed a High-Lipid and High-Sucrose Diet Food Science and Technology Research 19(6):1149-1153 (2013)
    PDFファイル 転載許可 平成25年12月17日(PDF 129KB)

    ◆「褥瘡モデルラットにおけるコラーゲンペプチド経口摂取の褥瘡治癒促進作用」
     中尾光治、楠畑雅、原浩祐、五十嵐雅陽、山崎則之、小山洋一
    薬理と治療41:587-596 (2013) PDFファイル 転載許可 平成25年7月4日(PDF 950KB)



    コラーゲンの細胞内での合成分解や輸送に関する研究を行っています。
    ◆ Ueno T, Tanaka K, Kaneko K, Taga Y, Sata T, Irie S, Hattori S, Ogawa-Goto K. Enhancement of procollagen biosynthesis by p180 through augmented ribosome association on the endoplasmic reticulum in response to stimulated secretion. J Biol Chem 285 (2010) 29941-29950.

    ◆ Ueno T, Kaneko K, Katano H, Sato Y, Tanaka K, Hattori S, Irie S, Sata T, Ogawa-Goto K. Expansion of the trans-Golgi network following activated collagen secretion is supported by a coiled-coil microtubule-bundling protein, p180, on the ER. Exp Cell Res 316: 329-340(2010)

新着情報

  • 2019.11.1
    【第101回東京レザーフェアに出展します】

    2019年12月4日、5日の2日間、都立産業貿易センター 台東館(東京都台東区花川戸2-6-5)において第101回東京レザーフェアに出展します。会場は5階にて展示いたします。ぜひお越しください。
    [TLF 東京レザーフェア 公式ホームページ]

  • 2019.10.1
    【第3回皮革セミナーが終了いたしました】

    第3回皮革セミナーは2019年9月27日(金)、無事に開催・終了することができました。多数のご来場誠にありがとうございました。

  • 2019.8.23
    【事業報告書】

    平成30年度の事業報告書を公開いたします。
    [財団概要/事業報告]

  • 2019.8.20
    【分析依頼書が新しくなりました】

    試験項目の追加に伴い、分析依頼書をリニューアルいたしました。分析依頼ページ、または下記からダウンロードをお願いいたします。
    [依頼書(PDF)]PDFファイル
    [依頼書(EXCEL)]EXCELファイル

  • 2019.7.1
    【新規分析業務開始のお知らせ】

    フタル酸エステル類の分析 PDFファイル(PDF 358KB)
    ノニルフェノールの分析 PDFファイル(PDF 203KB)
    ノニルフェノールエトキシレートの分析 PDFファイル(PDF 134KB)
    多環芳香族炭化水素(PAHs)の分析 PDFファイル(PDF 449KB)